2020年01月21日

高島屋さんのレジ袋に

ローズちゃん情報。
高島屋の食料品売場・催会場などのレジ袋と食料品用手提袋が、2020年4月1日から有料化されます。環境に配慮した素材、新しいデインになります。ローズちゃんが地球を優しく抱っこした絵が採用されています。エコバッグをお持ちでない時にご利用いただけますと幸いです。袋を買う場合は、バイオマスプラスチック製レジ袋は小2円、中3円、大5円、酒用(小)6円、酒用(大)8円。紙製食料品用手提袋(FSC認証材)は20円だそうです。
この絵は、ローズちゃん人形を線画で二次元化するお仕事で初期に描かせていただいた絵です。未来を考えた企業活動で、原点に近いローズちゃんの画像が採用されたことは嬉しいです。

日本経済新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP526190_W9A221C1000000/

高島屋さんからのインフォメーションは下記リンク先でご覧くださいませ。
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/ecobag/index.html


takashimayabag_new.jpg
posted by 梅川紀美子 at 18:34| お知らせ

2020年01月15日

2020年だ!

あけました!松の内も過ぎました。
今年の抱負!(`・ω・´)

私は昨年から考えていたことを実行中ですが、女性をベクターで描いています。今年はこれを表に出して、その後は久しぶりにエアブラシ画も描いてみたいなー、などと気ままに進める予定でおります。今年もどうぞヨロシクお願いします。

なぜ人物画を描くか。
私は線画で高島屋のローズちゃんを描く担当をしていますが、ローズちゃん人形をシンプルに描写するまでに、奥深く様々な事を考えています。キャラを描くには技術的には視認性の良さ、拡大縮小されても保つイメージ、どこに配置されても顧客の方向へ意識を向けるポーズ決めなどテクニックは必要ですが、それにも増して「考え」が重要だと思っています。高島屋さんの企画を見てお客様はどう感じるか、それをローズちゃんがどう導くか、めっちゃ考えます。描いて客になった気持ちで見て再考、子供の気持ちで見て手直し、子供が好きになれない人の気持ちも想像、人形収集家の気持ちで想像、子供を恋愛相手に考えてしまう人の存在まで想像、老夫婦が孫を見る気持ちを想像・・・多々。ローズちゃんを描くことは、考えを持って人物を描く人間画そのものです。
ということで(`・ω・´)、私がキャラ以外の人物画を描いて発表することは、描写の訓練かつ説得力を向上させるミッションだと思って人物画に挑戦しています。

なお、梅川紀美子のサイトは抒情画をぼーっと眺めるサイトにしておきたいので、人物画については別途ペンネームを立てサイトも分けます。今までにも仕事でたくさんの人物画を描いてきましたが、人物画は現実に戻される表現もありますから、エアブラシ表現とは混ぜないよう慎重になりたいと思いました。

などと言いながら、人物ではなくバレンタインをイメージしたハートいっぱいの絵を添えますね。貼り絵風に描いたベクター画(デジタル画)です。

はぁ。次男のセンター入試まで3日前のカウントダウン感の中で投稿しました!
(;´Д`A

202001happy.jpg
posted by 梅川紀美子 at 15:59| 雑感

2019年12月13日

絵はランダムに載せています

今年もあと2週間半ほどになりました。
焦る(`・∀・´)

今日は、サイトに絵を追加して更新したお知らせです。Works by hand3のページに作品画像を追加し、原画ページ1.2.3それぞれ50作、合計150作の原画掲載となりました。ちょうどいい感じの掲載量かな?デジタル画のページも折々増やしていますので、ご覧いただけますと幸いです。

さて、私のサイトは昔から今までの作品をランダムに掲載していますが、今回も適当に上の方に追加しました。なぜ時系列では無くバラバラに載せるんだ探すの大変じゃん!ということですが、以前に全原画500点以上を順番に載せようと準備したことはありましたが、あるディレクターさんから「何もかもを見せないほうが良い」とアドバイスをいただいたことや、自分の整理には便利でもご覧いただく方の好みに順番は関係無いと思うこともあって、順番をやめました。絵の中の時間、心の旅をお楽しみ頂けますと幸いです。

ついでに報告。
エアブラシの新作は描いてなくて申し訳ないのですが、最近は人物を入れたデジタル絵を鋭意制作中です。しかしながら人が入った絵というものは雰囲気も全く違うため、別名で制作しています。私のエアブラシ絵は無人であることが多いですが、実は、梅川紀美子の絵に人を入れないでほしいという御要望を受けたこともあるぐらい、無人感は大事にしたいと思っています。人物画の発表にはペンネームまで考慮したいと思います。止まらない、変わり続ける作家ではありますが、今後とも引き続きヨロシクお願いします!
posted by 梅川紀美子 at 12:23| 雑感